•  
  •  
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
行ってみたい

景色

長崎の名所「オランダ坂」で洋風建築巡り

長崎のオランダ坂周辺は洋館が立ち並んでいます。散歩をしながら洋風建築を見学してまわりました。異国情緒があっていい場所ですよ。

作成者 K.ヤマト
720 ぽす
距離
  • 旧長崎英国領事館
  • 活水学院
  • 1400m
    1時間
周辺スポット表示選択する選択する

1

明治後半期の洋風建築で国指定重要文化財。英国領事館として使われていたのち、故野口彌太郎画伯の作品を展示する美術館として使われていましたが、建物の老朽化に伴い現在中に入ることはできません。美術館は長崎市平野町の平和会館1階に移転しています。

2

異国情緒あふれる東山手の外国人居留地一帯の坂道がオランダ坂と言われています。周辺には日本最初の女学校である活水学院や洋風住宅が点在しています。

3

オランダ坂沿いにある洋風住宅で、外国人居留地の中でも代表的な建物。昭和初期から中期にかけては、フランス領事館となっていました。

4

1868年に建設された初期洋風建築。竣工後にロシア領事館として使われていました。その後アメリカ領事館やアメリカの宣教師などの住宅として使われ、現在は居留地時代に建設された私学に関する歴史的資料を展示しています。

5

日本最初の女学校。1879年にメソジスト派の宣教師のエリザベス・ラッセル女史とジョニー・ギール女史が設立しました。外から建築物を眺められます。

行ってみたい

ログインするとコメントが投稿できます。メンバー登録はこちらから。


おさんぽ記事ランキング

    • もっと見る

    おすすめおさんぽ記事


      散歩特集ピックアップ

      さんぽすで人気のあるお散歩特集をチェック

      散歩コースピックアップ

      さんぽすで人気の散歩コースをチェック

      散歩スポットピックアップ

      さんぽすで話題の散歩スポットをチェック

      • 鎌倉ふぃる小町通り店
      • どんぐり共和国 鎌倉店
      • 稲村ヶ崎公園
      • オリーブのリーゼント
      • ギャラリー 空・鍵屋