眼鏡橋
出典:https://www.at-nagasaki.jp/spot/95/
江戸時代、日本で唯一の西洋との窓口となった長崎は、和と洋の文化が織りなす独特の街並みや建築物が残されており、気づけばシャッタを押してしまう魅力があります。今回はインスタ映え間違いなしの美しい写真が撮れるフォトジェニックな観光スポットをご紹介します。
グラバー園
出典:http://www.glover-garden.jp/
長崎市にある観光名所の「グラバー園」。長崎港を見渡せ、30,000平方メートルという広大な敷地に歴史的建造物など建ち並び、写真スポットが多数あります。春は手入れの行き届いた庭の花たちが色鮮やかに咲き、さらに写真を撮りたくなること間違いなし。今若者に人気なのはハートの敷石探し。園内の石畳の中に2箇所あるハート型の石を見つけ、それに触れると恋愛成就するといわれています。
住所:長崎県長崎市南山手町8番1号
TEL:095-822-8223
営業時間:8:00~18:00(入園は閉園20分前まで)
定休日:無休
料金:大人610円、高校生300円、小・中学生180円
HP:http://www.glover-garden.jp/
眼鏡橋
出典:https://www.at-nagasaki.jp/spot/95/
長崎市にある日本最古のアーチ型石橋の眼鏡橋です。橋が川面に映り円を描きめがねに見えることからこの名前がついたと言われています。メガネをくっきり映すように写真におさめましょう。橋をバックに川岸から飛び石の上に乗り、それを手前の橋から撮影してもらうのも人気です。
住所:長崎県長崎市魚の町2
TEL:095-829-1193 (長崎市文化財課)
HP:http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/192001/p000713.html
蕪池
出典:https://www.nagasaki-tabinet.com/course/63047/
千綿駅から車で20分ぐらいにある蕪池(かぶらいけ)。江戸時代に田畑に水を引くために作ったため池ですが、まるで外国にいるかのような景色を見ることができます。水と自然が織りなす色彩豊かな写真が撮れる人気フォトスポットです。
住所:長崎県東彼杵郡東彼杵町蕪郷
TEL:0957-46-1111(東彼杵町まちづくり課商工観光係)
HP:https://www.nagasaki-tabinet.com/course/63047/
千綿(ちわた)駅
出典:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/62800/
千綿駅は長崎の大村湾が一望できる絶景の駅として知られています。特にオススメの時間帯は夕方。大村湾に夕日が映り込み、ため息のでるような美しい写真が撮れます。写真愛好家の間でも人気のスポットです。
住所:長崎市尾上町3番1号
TEL:095-894-3031(都市計画課)
HP:https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/62800/
出島
出典:https://www.facebook.com/nagasakidejima/
江戸時代に幕府の鎖国政策によって、西洋との唯一の貿易窓口となった出島には、和の建築と西洋の建築が立ち並び、独自の雰囲気を醸し出しています。当時を偲ばせる建物など写真スポットが多数。21時まで営業しているので、出島の夜の表情を撮影するのもおすすめです。
住所:長崎県長崎市出島町6-1
TEL:095-829-1194
営業時間:8:00~21:00(最終入場は20:40まで)
料金:大人510円、高校生200円、小・中学生100円
HP:http://nagasakidejima.jp/



長崎県おさんぽ記事ランキング

  • もっと見る


散歩特集ピックアップ

さんぽすで人気のあるお散歩特集をチェック

散歩コースピックアップ

さんぽすで人気の散歩コースをチェック

散歩スポットピックアップ

さんぽすで話題の散歩スポットをチェック

  • 鎌倉ふぃる小町通り店
  • どんぐり共和国 鎌倉店
  • 稲村ヶ崎公園
  • オリーブのリーゼント
  • ギャラリー 空・鍵屋
  • すべてのエリア
  • で、探しました

閉じる